0808_hk_t03.jpg
朝から軟禁中。つまらないので、一人ホテルの部屋で台風のニュースをみつつ、
ベットの中でビールなんか飲んでいると、これまた軟禁中の(あはは)央子さんから電話。
ホテルのレストランで飲茶でもたべませんか?というお誘い。ご一緒させていただくことに。

お部屋で足ツボマッサージを受けるというので、それにも便乗させてもらう。
隣の島から来たマッサージ師のおばちゃんは
「タイフーン、ノープロブレム! MTR(地下鉄)オーケ! レッツゴー!」と
ジャッキーチェンのように親指を立てて笑顔で去って行った。

そんなおばちゃんの笑顔をすっかり信じ、外に出たくてウズウズしはじめる。
オープニングに合わせて香港まで遊びに来てくれた友達に電話をすると
やはり軟禁状態をもてあまし、同じくウズウズしていた。
行きたかったスパも、レストランにも電話してみたら、
こんな台風でもやっているというので、ウズウズ度はピークに。
ちょっと出てみよう!。。。ということになる。
(大人な央子さんはホテルに残ることを選択。この決断はほんとに正しかったです。)

ホテルから歩くこと数分。風は強いけど、なんとかなりそう!と軟禁から解かれ、ウキウキ歩いていると
大きな枝(というか木)が落ちていて、行く手を阻まれる。
わお!なんてまだ軽い気分でよけて通ると、今度はドンガラガッシャーン!というものすごい音と強風。
見上げると大きなビニール製の広告がべりべりとはがれて、バタンバタンと風にあおられている。
そして目の前では分厚い鉄の壁(工事中)がこれまた風にあおられ、ガタンガタンといっている。
こ、、、こわい。 ここではじめて身の危険を感じつつも
なんとか地下鉄に乗り込むと、そこは平穏。意外と人も多い。ちょっと落ち着く。

待ち合わせの場所につくと、風も雨もさらにひどくなっていた。
香港名物の大きな電工看板がギシギシと音をたてながら、ブランコの様にスイングしている。
落ちてきたら、感電死するだろうな、、、とか、
これが頭に直撃して即死したら誰が私の身元を説明してくれるだろうか?。。。。
とか、いつもは影を潜めているA型の心配性と、想像力が一気に大爆発(笑)
そんなんだったら、出かけなきゃいいのにねぇ。

あまりにひどい雨と風、そして爆発した心配性に負け、レストランは諦めてスパを目指すことに。
スパの最中にも、はたしてこのままホテルに戻れるのか、、、と心配しまくる。
マッサージの気持ち良さも半分くらい。まったくの小心者ですねぇ。
その結果、行く前にホテルでやってもらった時より、体の悪い部分が増えていた。あはは。体は正直だ。
マッサージの後の説明で「オキャクサマ、ストレストカ ケッコウアリマスネ」と言われた。
ストレスは、ここへ来るまでに感じたのです!と言いたかったヨ。

photo:無事に帰る途中にビビリつつとった写真。セブンイレブンとマックはどんなときも味方だ。