いよいよ!

201304_miminana
美大生時代、イラストレーション科には絵本のクラスがあって
2年生の時から毎学期かかさずとっていました。
1学期間に1つの話しとダミー本を完成させるのです。
絵本はいつかやりたいと思っていたけど、
子供たちの記憶に残るものだし、責任重大だなぁとも思ってました。

卒業後すぐ、絵本の先生に紹介されて
ニューヨークの出版社まわりをしたけど
当時作っていたお話しがあまりにエキセントリックすぎて
アメリカの絵本市場には向いていない!といわれた苦い思い出も。あはは。

友人Cッペの紹介で偕成社の編集さんと会ったのは5年くらい前。
みんなでごはんを食べた時、Cッペがマネージャーばりに
私が絵本をやりたがっていることをプレゼンをしてくれたおかげで
過去の作品などを見てもらえることになったのでした。

それから亀のようなゆーっくりな歩みで、
何度もお話しや絵を練り直し、
気がつけば4年の月日が流れてしまってました。
2月にニューヨークに飛んでいったのは
籠って絵を終わらせるためだったのでした。

そのおかげで無事に絵も完成し、やっとやっと
6月の上旬についに発売されることになりましたー!

ミミとナナという姉妹のおはなしで
3冊同時発売です。
偕成社さんはノンタンやからすのパンやさんの出版社。
自分が子供の頃に読んでいた本と同じところから
わたしの絵本も出るなんて、ほんとに夢のようです。

来週にはアマゾンでも予約が開始できるようになるみたい。
詳しいことはまた報告します。
いよいよで、どっきどき。

2 Thoughts on “いよいよ!

  1. Sattie on 04/17/2013 at 04:20 said:

    こんにちは!
    長い時間を費やしたプロジェクトとは、このことだったんですね。
    私も、子どもの頃に大好きだった絵本の思い出は幾つもあります。
    これからの世代は、ナホさんの絵本がその一つになるかもしれないなんて素敵ですね。
    これからも応援しています!

  2. naho on 04/23/2013 at 08:55 said:

    Sattieさん
    ありがとうございます。
    長く読んでもらえるといいなぁと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation