Monthly Archives: Mar 29, 2012

You are browsing the site archives by month.

手づくり酵素ダイエット


4/2に、ぶんか社から「手づくり酵素ダイエット」という本が発売になります。

今話題の酵素を果物と野菜でおうちでつくれて、
しかもダイエットにもなるという本です。
著者の秋葉睦美さんはローフードの先生として有名な方です。

きれいで読みやすいデザインになってます。
わたしは酵素ちゃんというキャラクターのイラストを描かせていただきました。
本の中でもちょこちょこ登場しています。

完成した本をいただいたので、
わたしも少し少ない分量で酵素づくりに挑戦してみてます。
酵素は毎日かきまぜて、話しかけてあげるんですって!

あなたの愛情と良い菌のたっぷりはいった手作り酵素を
パートナーに飲ませると、不思議と相手を扱いやすくもなるらしいですヨ。
打ち合わせの時にこっそり聞いてしまいました。

そこんとこもこっそりチェックしつつ、
我が家の特製酵素ちゃんの完成を待っています。

ホワイトデー


トさんはチョコレートが苦手なので
バレンタインはちっとも盛り上がりません。
そして今年はバタバタしていて、
わたしは当日東京にすらおらず、結局なーんにもあげませんでした。

ホワイトデーの日、打ち合わせの帰りにデパ地下へ行ってみたら
スーツ姿メンズ、スケボー男子など、いろんなタイプの男の人たちが
ケーキショップで長蛇の列をつくっていました。
みんな、甘いものを求めて、ちょっと照れくさそうに並んでいます。
はじめてみる光景に驚いてしまいましたが、
殿方たちのがんばる姿は微笑ましくもありました。

バレンタインには何もあげなかった私は
もちろん何ももらえません。
自分があげなかったことは棚にあげ、
ちょっと残念に思いながら帰宅しました。

その晩、いつものように遅く帰って来たトさん。
「バレンタインに何をもらったのか思い出せないし、
もらったかどうかも、記憶にないんだけど、、、」といいつつ
ちいさな袋を差し出しました。
びっくり!
中身はフルーツゼリー。

思い出せないのは、何もあげなかったからなのですが、
もしも、もらっていたのに忘れていただけならば、
その後が恐ろしいと思ったのでしょう。
そんな恐怖心から買って来たとはいえ、
まさかのサプライズギフトは、とってもうれしいものでした。

3.11






1年がたちました。
今日は母の誕生日でもありました。
そして今日、友達の妹にもベビーが誕生しました。
命がうまれた日でもあるし、
一瞬にしてたくさんの命が失われた日でもあるわけで。

昨年、陸前高田におじゃましました。
ママと子供たちのためのクリスマスのボランティアに参加させてもらって
友人Yと一緒に、ワークショップをしました。
1人称が「おら」のかわいい子供たちが一生懸命、
サンタクロースハットを作ってくれたのでした。
中には何個も何個も作ってくれる子もいました。

ボランティアに参加させてもらうのは、はじめてだったのですが
支援する側は、ひとりよがりではいけないよなぁ、、、などなど
いろいろ考えさせられる1日でした。

なんだかしょんぼりした気持ちになっていた最後の方に、
かわいい女の子とママが来てくれました。
女の子は最初は緊張していたけれど、
後からパパもやってくると、緊張も和らぎ
笑顔でサンタハットを作ってくれました。
最後だったので少しお話をして、持っていたクリスマスカードや
友人Yと作っていったジンジャーブレッドクッキーなどをお渡ししました。

東京に戻ってから、そのご家族からメールをいただきました。
パパさんは陸前高田の駅前で中華屋さんをやっていて被災されたそうです。
もう一度お店を始めることになったので
そのユニフォームにイラストを描いてほしいというご依頼を受けました。
しょんぼりと東京にもどった直後だったので、
こんなふうに繋がったご縁を嬉しく思ったのでした。

お店オープンの日、こっそりといろんな方のツイッターをみていたら
パパさんの中華屋さんの再開を待ち望んでいた人たちの
うれしそうなつぶやきをたくさんみつけ、東京で1人でにんまり。

いつかまた陸前高田におじゃまして、
パパさんの中華を食べてみたいと思っています。
担々麺と水餃子、杏仁豆腐が名物らしいです。
お近くに行かれる方はぜひぜひ。

中華食堂 熊谷
陸前高田市竹駒町字滝の里15-3

またやってくれた。


ここのところ、いつも以上に食欲旺盛なパームおじいさん。
我が家では「食べ物はパームの手の届くところには置かない!」というルールが定着しています。
が、時々想像もしないことが起こります。日々の知恵比べは相変わらずです。

最初の被害は、ひなまつりの前に買った、かわいらしい桃の花。
どうもにおいをクンクンかいでいるなぁ、と数日は心配していました。
においを嗅ぐだけで、興味なし!という顔ぶり。
安心しきっていた数日後、帰宅すると、
かわいい桃の花は枝だけになっていました。


桃の節句を待たずに枝だけです。かなしい。。。
床には、桃の花の残骸。
その夜はおなかを壊し、後始末がたーいへん!

すかさず、「桃の花 毒」「犬 桃の花 食べた」などとググって
みたものの、ヒットせず。
どうやら毒はないみたいでほっと胸をなで下ろした夜でした。

また別の日に、近所のスーパーまで買い出しに、
ものの10分程留守にしました。
パームはハウスで気持ちよさそうにぐーすか寝ていたので、そのままで。
買い物中なんだか嫌な予感がして、あわててもどってくると、しーんと静まり返った部屋。
ハウスにパームの姿はありません。そして足下には、つめたーい空気が。
はっと気がつけば、冷蔵庫下段の冷凍庫が開いています。

いつだったか、わたしがお風呂に入っている間に
観音開きの冷凍庫を開け方をマスターしてしまった、うちの犬。
それから時々、わたしの目をぬすんでは、冷凍庫をあさり
ごはんやらパンやらを盗み食い。

ここのところ、ちょっと出かけるときや、お風呂に入るときなどは
冷蔵庫の前に椅子を置き、扉があかないようにしていました。
犬相手にちょっとしたバリケードをつくるのですよ、我が家では。

ここ数日はおとなしくしていたので、
バリケード作りもすっかり忘れて出かけてしまったのがまずかった。
床には何かの残骸がちらばっています。

また冷凍ごはん? そういえばミートソースの冷蔵も入ってたはず!と
あわてて、何をたべてるか確認すると、、、、、、
今回の餌食は 蟹!!!高級品!
もちろん殻ごと。そしてお得意の逆ギレです。
獲物をとらえた時のテリアは、それはそれは恐ろしいです。別人。
流血(わたしが)の格闘の末、奪還すると、みごと蟹は左足が全部なくなってました。

人間だって、甲殻アレルギーがあるわけだし、しかも殻ごとだし!
今度こそ本当にまずいかもしれない、、とあわて、まずはグーグルです。
「犬 蟹 食べた」「犬 蟹 アレルギー」とか、思いつくものを。
蟹は犬が食べてはいけないものリストの”危険度低”に入ってました。
飼い主の心配をよそに、おじいさんは、元気に走り回り、ごはんも要求。
怒られて落ち込んではいるものの、元気そうなので
とりあえず様子をみることに。


朝になると、うんちから蟹が現れ、ときどき出すのに苦しそうなので(だって毛ガニだもん)、
いつもの先生のところへ。
「今度は冷凍庫をあけて、蟹を食べてしまったんです。殻ごと。」とダメ飼い主が伝えると
先生は目をまんまるにして、「そんな犬、聞いたことがない!」と、驚いておられました。
そりゃそうだ。
念のためレントゲンをとってもらうと、まだ蟹の一部がおなかにある様子。
自分でがんばって出してもらうしかない。でもまあ大丈夫でしょうとの診断。

また1つ、伝説がうまれてしまいました。
その後はおかげさまで元気にしています。やれやれ。