Monthly Archives: Feb 26, 2009

You are browsing the site archives by month.

旅好きは、飼い主ゆずりか。

0902_odekake.jpg
パームさんはキャリーバッグを出すと、どこかに遠出ができると知っています。
なので、バッグをみつけると、大よろこびで中に入ります。
遠出といっても、行くところは
だいたいいつも電車で2駅先くらいなんですけど。

ベルリン、青森につづきm.a.g.oちゃん
また奈良さんの個展のオープニングでライブですって。
しかも場所はニューヨーク。
それじゃあわたし、マゴちゃんのアテンドします!と、
べつに頼まれてもいないのに行くことにした。

ちょうど3月からは忙しくなりそうなので、その前に旅を。
絵本の先生に会ったり、リサーチもしたかったのです。
学生時代、好きだった絵本のクラスではゲストスピーカーをやることに。
どうしよう。夢のあること、話せるかしら。。。

ミャオミャオガール

0902_smallperson02.jpg

ニューヨークからかわいこさんが来日中。
かわいこちゃん、はじめて覚えた言葉はミャオ(英語の猫のなきごえ)というくらい猫好きらしい。
偶然見つけた猫カフェにみんなで潜入。
あまりにうれしすぎて、ほんとにミャオミャオ言って自分が小屋にはいってしまったのだった。
前世は猫にちがいない。

脳みその不思議

0209_pon.jpg

ふらりと立ち寄った本やさんで、偶然手にとった本。
あ、これ知ってる!
つぎの瞬間、わーーーーーっとよみがえる記憶。

車がいっぱい描かれているページのレイアウトとか、
寝っころがって読んでいた部屋の中の様子とか、
光の差し具合とかいろんなことが、一気に脳みそにもどってくる。
33年モノの脳みそも、なかなかやるもんだ。

この本、大好きで何度もよんでいたと思うんだけど
作家の名前も知らなかったし、
本のタイトルすら覚えてなかった。

オイリ・タンニネンという
フィンランドの作家さんらしいです。
うちにはポンちゃんとミーちゃんってのがあったと思います。
わたしが本やさんで見つけたのは復刊版みたい。

興奮気味にトさんに見せると
「色合いとか、君の描く絵にそっくりじゃないか!」と言われる。
たしかに!
ほんとに三つ子の魂なんとやら。。。なのかもしれません。
今は髪型さえ、ポンちゃんにそっくりです。

朝パン

0902_pan.jpg

夜中に材料をマシンいれて、タイマーをしておくと
朝には部屋中が焼きたてパンのよい香り。
そんな香りで目が覚めるのは、なかなかの幸せです。

パン作りって材料の分量によって
出来上がりが変わる繊細なものといいますが、
ズボラなわたしは計量カップで粉も水も計ってしまいます。
あとはマシンががんばってくれるので、
わたしは何もしなくても、おいしいパンが出来上がります。
ありがたや。

でも、ごくたまーーに、
うっかりイーストやバターを入れ忘れ、
なんだかよくわからないものが出来上がってたりすることもあります。
膨らまなかったり、目が覚めるほどしょっぱかったり。
もちろんマシンのミスではなく、わたしのミスです。
あはは。

つくりなおし中

0902_portfolio.jpg
久しぶりにブックを作りなおしています。
今回はみつばちトートさんにもらった、nx8の布でバッグも新調。

今はネットがあるから状況がかわっているかもしれないけど
わたしが住んでいたころの90年代、
ニューヨークの出版社では「ブック持ち込みの日」なるものがありました。
世界中から集まってくるイラストレーターや
フォトグラファーが決まった日にブックを持って行くのです。
といっても、駆け出しの頃はエディターやアートディレクターに
直接ブックをみてもらえるチャンスはなかなかなく、
決められた日にブックを持って行くのみ!

何百何千と集まるブックの中から、まずは手に取ってもらえるかが重要。
たとえばブックの色を目立つものにするとか、
そういうところが最初のポイント。
それで私はオリジナルのバッグをつくってブックをいれたり、
アンケート用紙をつくったりしてました。

その時の名残りで、今もわたしのブックはバッグに入っています。
これでたしか4代目くらい。
やりはじめるとたのしい作業なのです。
中身もアップデイト中。