Category Archives: ほんぎょう

オガワナホ個展【古い帽子の男と女】

shibafu02-1
古い帽子の男と女
オガワナホ個展
2016.11.23wed. – 11.29tue.
13:00-19:00 (最終日18:00まで)
24日(木)休み

cafe+gallery 芝生
156-0052
東京都世田谷区経堂2-31-20
03-3428-5722
http://shiba-fu.com

旅先でヴィンテージショップやフリーマーケットに立ち寄って、
誰かが大切にしていたものかもしれないと想いを馳せるのが
好きです。
今回は「古い帽子」がテーマです。
その帽子を大切にしていた「誰か」をレリーフにしてみました。
はじめてのオリジナルプロダクト、アロマオイルを塗ることができ
る、陶器のブローチも販売いたします。
ご来場お待ちしております。

ブローチ付ポートレイトをお描きします
11/23 ( 水・祝) / 3,500 円(お飲物付)
予約制イベント芝生WEBサイト、電話で受け付けします。
http://shiba-fu.com

14650568_1610834638942098_7171112128506259486_n
我的新作品出爐了!想與大家分享。
我安排了兩場新書發表會,
吳東龍san也會一同出席。
11/5在松山文創園區的誠品,
11/6在華山文創園區的好樣思維 VVG thinking.
歡迎大家來參加,謝謝!
http://www.bookrep.com.tw/book/477/504/10855

Naho Ogawa facebook
Naho Ogawa Instagram

台湾版はこんな表紙です。
11/5.6には台北で出版記念イベントを行います。
http://www.bookrep.com.tw/book/477/504/10855

FBとインスタもやってます。
Naho Ogawa facebook
Naho Ogawa Instagram


ブログを書いていない間に、
日本と台湾ではじめての旅の本を出版しました。
日本版は「わくわく台北さんぽ」
誠文堂新光社から7月に発売になりました。

ギャラリーやショップ、癒しスポット、おいしいもの、クリエイティブな地元の人など、
伝統と新しさがまじり合っていく台北での発見をイラストと文章で紹介しています。
176ページフルイラストレーションで、
イラストマップやちょっとした台湾料理のレシピも収録しています。

取材をはじめたのは去年の夏。
本当は台湾で発売する予定で準備をしていたのですが
なかなか進まず、先に日本での発売になりました。

台湾での出版は諦めかけていたのですが
先週10/5にようやく発売されました。
いやぁ、ながい道のりでした。
イラストは一緒ですが、編集もタイトルも違っています。
台湾版は
「大家好,我是Naho:來自日本插畫家的台北發現」
「みなさん、こんにちは。私はNahoです」というちょっと恥ずかしくなっちゃう
タイトルなのですが、編集会議で決まったそうです。
こちらの本は日本人としてイラストレーターとして
台北で発見したことを綴っています。

どちらもたくさんの人にかわいがってもらえるといいなぁと思っています。

SiaoYin Gu x Naho Ogawa x 文房 VVG Chapter

1937210_751511851616392_8569175766711924989_n
12553097_1329652090393689_3282242617077384487_n-1
1937003_1329652227060342_139125778646162742_n

台北の予約制ライブラリールーム VVG chapterで台湾のイラストレーター 古曉茵さんと2人展を開催中です。
台湾ではじめての展覧会。はじめての2人展。制作過程からとても刺激的でした。
VVG chapterは2/28まで。その後は華山文化にあるVVG thinkingに移動して続きます。
台北にいかれることがありましたら、ぜひ。

SiaoYin Gu 古曉茵 x Naho Ogawa 小川奈穗 x 文房 VVG Chapter

2016 1/12 Tue. -2/28 Sun.
Books of Wonder

在書裡,我們可以是任何人,
去任何的地方冒險,
在時間裡穿梭旅行。
藉由閱讀,我們翻山越嶺,
行萬里路,
書像一扇窗,帶我們看到全世界,神遊無界限
曉茵在無意間,
找到一批原為櫥窗陳列的外文書籍,
在陳列時,書籍全被打了3公分直徑的洞,
於是,曉茵和Naho San 在這樣的情況下,
激發出許多不可思議的想像……。

兩位來自台灣和日本的插畫家,
各自想些什麼,
又雲遊到哪個國度,
就讓我們來一探究竟!

Exhibition
2016 / 1 / 12 Tue. – 2016 / 2 / 28 Sun.

Speech
2016 / 1 / 17 Sun. 10:00~12:00

主持人: 吳東龍
與談人: SiaoYin Gu 古曉茵 & Naho Ogawa 小川奈穗

免費報名請洽:
http://www.vvgchapter.com.tw/#chapter6
(採前30位報名人數為主)

[ 關於 SiaoYin Gu 古曉茵 ]

2003年開始從事插畫工作至今,範圍涵蓋網頁、廣告、出版、報紙與雜誌。
合作包括L’HERBOFLORE、美國運通、Levis、7-11、資生堂TISS、花王等。
於2015年成立自己的品牌【offoff theatre】,
期望將產品化為劇場形式,藉由一齣齣輪番上演的不同戲碼,
帶給人們更加有趣的產品以及延伸其外的想像與感受。

[ 關於 Naho Ogawa 小川奈穗 ]

頑趣優雅的奇想插畫家,一邊旅行一邊畫畫,
與世界各地的雜誌、書本、品牌、百貨合作。
城市、行經、人物素寫正在旅途最單純美好,
快樂的節奏在作品裡輕快跳動著!

文房 [VVG Chapter]
台北市中正區臨沂街27巷1號
[ Tue – Sun ] 10:00 – 18:00

イラストノート

10498708_945754598783442_5073269023836540879_o
気がつけば9月。
ブログもサイトも放置しっぱなしでした。
イラストノート最新号No.31で
3月のイタリアの旅のことをかかせていただきました。
どどんと見開き6ページ。
表紙にも使っていただいて。うれしい限りです。
よかったら手にとってみてください。
http://www.illust-note.jp/

最近はこっちのほうが更新頻度が高いです。
Facebook ページ
Naho Ogawa Illustration
Instagram
パームのインスタグラム

よろしくおねがいします。

いよいよ 本日から。

original03
original02
original05
original04
選挙とか日本代表の試合とかいろいろあった本日、
無事に搬入をしてきました。
本日からはじまります。
ナナとミミの絵本 3冊から10点の原画を展示し、
5点の書き下しを販売します。
会期中絵本を購入いただいた方にはハガキをプレゼントいたします。
エコバックとポストカードもあります。
わたしもできるだけ会場にいるようにします。
よろしくお願いしま-す。

ナナとミミのえほん原画展
7/22(月)-27(土)
森岡書店
http://moriokashoten.com/

東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2井上ビル305号 森岡書店
Tel: 03-3249-3456
営業時間: 月-土 13:00-20:00

ナナとミミのえほん原画展 @森岡書店

gengaten
6月に発売されたナナとミミの絵本の
はじめての原画展を開催します。
3つのお話から10点の原画の展示と
書き下ろしの5点を販売します。
どうぞよろしくお願いします。

森岡書店

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2井上ビル305号 森岡書店
Tel: 03-3249-3456

7/22(月)ー27(土)
月-土 13:00-20:00

アクセス:
地下鉄東西線、日比谷線茅場町駅下車
3番出口。永代通りを霊岸橋に向かい橋の手前を右へ
古い戦前のビル3階

naho ogawa official facebook page

201304_fb
本業のfacebookページをつくってみました。
いいね!してネ。

ついに予約スタート

nanamimi
ついにアマゾンで予約できるようになりました。
どきどき。
よろしくおねがいします。
ISBN番号も。

ミミのみずたまスカート
単行本: 24ページ
出版社: 偕成社
ISBN-10: 4032272905
ISBN-13: 978-4032272901

ナナのまほうのむしめがね
単行本: 24ページ
出版社: 偕成社
ISBN-10: 4032272808
ISBN-13: 978-4032272802

ナナとミミはぶかぶかひめ
単行本: 24ページ
出版社: 偕成社
ISBN-10: 4032273006
ISBN-13: 978-4032273007

いよいよ!

201304_miminana
美大生時代、イラストレーション科には絵本のクラスがあって
2年生の時から毎学期かかさずとっていました。
1学期間に1つの話しとダミー本を完成させるのです。
絵本はいつかやりたいと思っていたけど、
子供たちの記憶に残るものだし、責任重大だなぁとも思ってました。

卒業後すぐ、絵本の先生に紹介されて
ニューヨークの出版社まわりをしたけど
当時作っていたお話しがあまりにエキセントリックすぎて
アメリカの絵本市場には向いていない!といわれた苦い思い出も。あはは。

友人Cッペの紹介で偕成社の編集さんと会ったのは5年くらい前。
みんなでごはんを食べた時、Cッペがマネージャーばりに
私が絵本をやりたがっていることをプレゼンをしてくれたおかげで
過去の作品などを見てもらえることになったのでした。

それから亀のようなゆーっくりな歩みで、
何度もお話しや絵を練り直し、
気がつけば4年の月日が流れてしまってました。
2月にニューヨークに飛んでいったのは
籠って絵を終わらせるためだったのでした。

そのおかげで無事に絵も完成し、やっとやっと
6月の上旬についに発売されることになりましたー!

ミミとナナという姉妹のおはなしで
3冊同時発売です。
偕成社さんはノンタンやからすのパンやさんの出版社。
自分が子供の頃に読んでいた本と同じところから
わたしの絵本も出るなんて、ほんとに夢のようです。

来週にはアマゾンでも予約が開始できるようになるみたい。
詳しいことはまた報告します。
いよいよで、どっきどき。