Category Archives: ふつうの日

後厄!


昨年は、びっくりすることばかりが
身のまわりにおきて、なんなんだろうと思っていたら
どうやら本厄だったことに気がつきました。
今更、知ってしまいました、、。時すでに遅し。

前回の厄年イヤーの時には、
しっかりとお祓いにいったのだけど
今回はぼんやりしてました。

去年の悪運が本厄のしわざだったなら、と
いろんなことにガッテンしたので
後厄の今年はきちんと祓ってもらうことに。

「神社やお寺へお参りにいくときには
きちっとした、地味目の格好でいくべし!」というイラストを
昔、何かで描いたことがありました。
わたしの出来る限りの、なるべく地味な格好で、望みました。
ベージュにグレーで完璧です。

でも、靴下のことだけは、うっかりしてました。
よりによって、トさんのおばさまからいただいた、
足の指がプリントしてある、ハデハデおもしろ靴下を選んでいました。

一緒にいった後厄ガールズたちにも、さすがにつっこまれつつ、いざ祈祷。
神聖な感じでスタート。
一緒に祈祷をうけていた中には、厄年ママが何人もいて、
パパに預けられたベビーズが、ママと離ればなれの状況にギャン泣きの大合唱。
祈祷の名前を読み上げる神主さんの声が大きくなればなるほど、
ベビたちの大合唱も大きくなり、みごとにかき消されてます。

後厄始まってすぐの試練だわ!と冷静を装うも、
その状況にピリピリしてしまった、わたし。
ちいさいなぁ。

それを隣で見ていた、後厄フレンズは、
ハデハデ靴下のわたしが、ピリピリしているのもひっくるめての、
このシュールな状況がおかしくなって、笑ってました。

今年もがんばります。
後厄ぶっとばせ!です。

2012!


元旦は東京を離れて富士山のみえるところへ行ってきました。
逆さ富士が見えて、感激の年明け。
みなさんにもおすそわけ。
今年はいいことありそう!

good bye 2011

今日で2011もおわりですね。
今年の後半はびっくりするようなことばかりが起きて、
自分ではコントーロルできない、大きな力にふりまわされてばっかりでした。
これって、何かのブートキャンプですか?!と
途方にくれたり、やさぐれたりしたけれど、
まわりの人たちに助けられ、こうして今年を終えることができ、心底ほっとしてます。
そんな中、ほんとにまわりに恵まれているなぁ、と改めて感じた毎日でもありました。

今年最後のポストは愛しのカルダーおじさんのサーカスで。
多感な高校3年生の時、ニューヨークのホイットニー美術館でみて以来、
ずっーと大好きなパフォーマンスです。
カルダーはモビールが有名ですが、わたしは彼の作品の中で
一番このサーカスが好きです。後ろの法で無言で手伝う、奥さんにも注目。
VHSをもっていたけど、今やyoutubeとかあって便利だね。

ほったらかしにしてしまったこのこのブログを
今やどれくらいの人がみてくれているかわかりませんが
みなさまよいお年をお迎えください。
来年はブログもちゃんと再開しようと思っています。
新しい年もどうぞよろしくおねがいします!

8月・9月はあっというまに


おひさしぶりです。
8月・9月はバタバタでした。
このブログにもよく登場していた我が家の祖母、おばあこがなくなりました。
97歳の大往生でした。
実家近くの老人ホームで、介護士のみなさんと、
家族に見守られ、とても穏やかな最期でした。最期までお上品でした。

老人ホームでは、2人のルームメイトのおばあさんがいたのですが、98歳と101歳。
97歳のうちのおばあこは、まさかの最年少。
1人は学校の先生。シャンソン歌手を目指していた事もある元気なおばあさんで、
もうひとりはビリヤード場のおかみだったらしい。
2人とも、とても元気でかわいらしいおばあさんです。
まだまだ元気でいてもらいたいものです。

ここ数年、あたため続けている絵本のプロジェクト。
その中でもおばあこは重要な役として登場します。
完成した絵本を見せてあげられなかった事が心残りです。

最近、やさぐれちゃう出来事が多くて、てやんでいベラボウメ!と
お酒片手におじさんのような日々でした。
おばあこの上品さを少しでも見習いつつ、
そろそろ日常にもどりたいと思います。
よろしくお願いしまーす。

バター!

2010_01_butter
ここ数ヶ月、なぜかバターが話題にのぼることがとても多かった。
アメリカ帰国子女の友人Yは、子供の頃からバターが大好きで
バターをケースからすくって、そのままなめたりしていたらしい。
今もバター愛好家で冷蔵庫にバターを欠かすことはなく
バターケースにもとてもこだわりがあるらしい。

わたしはそこまでバター愛好家ではないなぁ。
別にマクロビとかそういう確固たるポリシーなのではないけれど
料理であんまりバターをつかうことがありません。
バターたっぷりお菓子は大好きなんですけどねぇ。
バターケースなんてものも買ったことはなく
いつもそのままの紙箱にいれっぱなし。
朝のトーストも固いバターがうまくぬれなくて
いらいらするので(あはは)あんまり塗りません。

そんなバター好きのYから絶対みて!と借りたDVD
Julie and Juliaはバターたっぷりの映画でした。
(Julie and Juliaについてはオフィシャルサイトでじっくりどうぞ)

Juliaの夫が彼女にむかって
“You are the butter to my bread and the breath to my life”
なーんて言っちゃうので
わたしも手を胸にあててawwwとアメリカ人のように超大げさに感動してしまった。
トさん不在で1人ごはんだったので、適当なパスタを作り
コンピューターの前で映画を見つつ、がっついていた自分と、
映画の中で素敵な洋服でおいしそうな料理をつくる Julia Childが、
あまりにかけ離れすぎていて反省。
明日はちゃんとした料理しよう。

ブログってなんなんだろうなぁといつも
ぼんやり思うのだけれど、普通の人が何かを綴って、
それが誰かの目にとまり書籍化され、プロの作家になってしまったり
映画にまでなっちゃうのは、とても今時っぽいなぁと思います。
誰にでもチャンスが広がった感じは、
みんながウェブサイトを持ちはじめた頃とちょっと似ているのかも?

早速 Julie Powellのブログを読みあさってしまいました。
本家The Julie/Julia Projectのブログ
そして作家になった彼女の今のブログ
それからオフィシャルサイト
サイトもかわいいけど、本人もかわいいですねぇ。

photo:すばらしく美しいバターケース お値段もすばらしい

○○系

2010_01_shoot
朝から取材をうけました。
先週かわいこ編集者さん(あはは)と
打ち合わせをしていたので進行はスムーズに。
プロの方たちに撮影してもらうと、
狭い我が家も素敵な空間に見えるから不思議です。
実際に遊びに来てくれた人には大体
[もっと広いと思っていた]と言われます。写真マジックです。

編集者さんたちは取材でいろんなタイプの人に会うそうで
アーティストさんは「声ちいさい系」とか
「便座つめたい系」とかが多いとか。
エコな人が多いんでしょう、きっと。
それと同列に「アメトーク見てる系」という
チェックポイントがあって思わず笑ってしまいました。

うちの便座は暖かい。声は小さいほうではないと思われ。。。
そしてアメトーク、好きです。
「中学のときイケてないグループに属していた芸人 」がせつないけど
好きなんですよねぇ。
この間、電車の中で見つけた下痢止め薬の広告で
サバンナ高橋を発見し、
友人サッサの大好きなOPP芸人効果じゃないか!と
思ったのでありました。

取材のおはなしはまた今度報告します。

サンライズ

2010_01_sunrise
薬パワーか夜のコーヒーのせいか、
元気すぎて夜更かししたのに、朝もなんだか早くに目が覚めた。
真っ暗でびっくりしたら、丁度朝日がのぼるところでした。
なんだか得した気分。
今日も長ーい一日になりそうです。

こんな新年

2010_01_sho01
2010_01_sho02
2010_01_sho03
2010_01_sho04
お正月のお花
3日のあさごはん。実家からもらったおせち少々と唯一つくったお雑煮。
来年はちゃんとおせちをつくることにします。(決意表明)
実家でお正月に出てくる鶴の羊羹。
着物を着て、いつもの初詣。
そして4日から一人さみしく仕事。友人宅の新年会にいかれず。

2010!

2010_01_ome
ギリギリ年越しそばもかきこみ、
そのまま呑み続け、食べ続け2010がスタート。

朝おきてお雑煮だけ食べて、トさんの実家へ。
たくさんごちそうになり、
姪っ子ちゃん甥っ子ちゃんと桃鉄をやって
とてものどかなお正月。

でも時差のない国から、仕事の修正なんかが舞い込んで来たり
完全なるお正月モードにはなりきれず。
でも今年もがんばります!

merry christmas!

happyholidays2009